表の見方 
漢字表記……電子電話帳『写録宝夢巣』Ver.8にはゼロでも電話帳などで実在が確かめられる苗字は()内に併記しています。ただし、読み方が併記先の最多の読み方と異なる場合は別に表示しています。戸籍上は旧字体で日常は新字体などの事情で同じ人が場面に応じて使い分けていることもありますので、名のる人の少ない苗字でもこのような併記になっていることもあります。電話帳にも同じ人が年度により違う字体で載せていることもあります。このような例はたいへん多いので、表になくても旧字体などの異体字(PCで表せない字も含む)を用いた苗字がそれ以外にもありうると御了解下さい。

(注)写録宝夢巣でゼロの苗字には、写録宝夢巣が対応していない文字を含むためゼロと表示される苗字も含みます。

 「池ケ谷」などの「ケ」、「三ツ井」などの「ツ」は小さく「ヶ・ッ」と書くこともありますが、本サイトでは区別せず数字などは合算してあります。ただし、全国1件のものなど、小文字のものだけしか確認できない場合は、例外として小文字で示します。


読み方……左から多い順に並べてあります。読み方は三つのグループに分かれます。「>」のあとの読み方は、最多の読み方の半分未満の読み方で、()内に記したのは、全体の1割未満の稀な読み方です。旧字体を含む苗字は、新旧の字体を使い分ける人がいるため、名のる人が少ないにもかかわらず読み方が多くなることがあります。

 最多の読みと「・」で結んである読みは、その読み方をする人数が最多の読み方の人数の半分以上であることを示します。ただし、「・」は、「>」のあとや()内では2倍以上の差があるかどうかにかかわりなく、単に読み方の切れ目を示します。★をつけた読み方は難読であることを示します。

 当サイトにある読み方が全てではありませんが、ここに無い読み方はあっても稀とお考え下さい。読み方が一つしか記していない苗字や他の読み方がすべて()内にある苗字は、ほぼその読み方と考えていいでしょう。御存知の読み方(知り合いの読み方・有名人の読み方・地元に多い読み方など)が最多の読み方とは限りません。

 ある読み方が特定の都道府県に集中している場合は、その都道府県名を括弧内に記しました。そこにしか無いという意味ではなく、そこに特に多いという意味です。

全国推定人数……『写録宝夢巣』Ver.8でヒットした件数を4.7倍(写録宝夢巣の収録総件数で全国人口を割ると約4.7)し、上2桁(百未満は上1桁)で四捨五入して得た全国推定人数です。電話帳掲載が3件以下の場合は10としています。実際の数値との誤差は最大でも1.5倍以内におさまるものと思いますが、上2桁目については多少の誤差があるものとお考え下さい。なお、この
推定人数は読み方を問わず漢字表記が同じ苗字の総計です。たとえば「角田」は91000人となっていますが、これは「つのだ」「かくた」「かどた」「すみだ」などの読み方にかかわらず、「角田」と書く人の人数です。

 全国推定人数が写録宝夢巣の件数×4.7を下回る場合があります。これは、誤字であることが判明した分などを差し引いたためですが、一字の苗字の場合は、外国姓や新潟県に多い屋号の頭字分を差し引くため、だいぶ少なめになることもあります。

 全国推定人数欄に「補」とあるのは、写録宝夢巣Ver,8には無く、他のバージョンやウェブ検索などで実在と読みを確認した苗字です。いずれも全国に10人いるかどうかの稀な苗字です。また、全国人数欄が空白になっている苗字は、写録宝夢巣がカバーしていないJIS第三水準以下の字を含む苗字で、人数が確かめられなかったことを示しますが、ほとんどが稀な苗字だとお考えください。このような字を含む苗字でも、数の多いものについては、さまざまな方法で人数を推しています。

多い所……左から多い都道府県の順に並べてあります。( )内の数字は、その都道府県で同じ漢字表記をする人の数が、全国に対してどれぐらいの率を占めるかを10%単位で示しています。たとえば「末木」という苗字の場合、山梨(40)とあるのは、全国の末木さんの40%から49%が山梨県に在住であることを示します。県名のあとに数字が無いときは10%台であることを示しています。多い都道府県の欄が空白であるときには占有率10%以上の都道府県が無いことを示します。人数が少ない苗字の場合、都道府県の占有率が10%を超えていても、その都道府県内でその苗字を名のる人が20人未満(写録宝夢巣掲載数が5件未満)のときは都道府県名を掲載していません。

 東京や大阪のような人口の多い都道府県が10%台であるときは、人口自体が多いためですので、ほとんど意味がありません。大都道府県の場合は、少なくとも20%以上あって初めて意味があるものと考えて下さい。また、ここに示したのはあくまでも「多い所」であって、ここに記していない都道府県にも同じ苗字の人はいくらでもいます。特に全国に10万以上いる苗字の場合、沖縄を含めてすべての都道府県に同じ苗字の人がいます。

 この分布は、読み方を問わず同じ漢字表記をする苗字の分布であって、特定の読み方の分布ではありません。たとえば「上村」の分布は「かみむら」「うえむら」などの読み方を総計した「上村」と書く苗字の分布です。 
これは?と思う読み方もあります 「遠(とお)」を「とう」、「応(おう)」を「おお」と書くのは辞書的には誤りですが、苗字の場合は本人が書く書き方が正しい書き方ということになります。このような長音表記のほか、「じ」「ず」と「ぢ」「づ」の混同も見られます。また「荻(おぎ)」を「はぎ」、「粟(あわ)」を「くり」、「綱」を「あみ」と読むのは、誤記か誤読が戸籍上定着してしまったものと思われます。馬上から的を射る「やぶさめ」は辞書では「流鏑馬」ですが、苗字では「鏑流馬」しかありません。

苗字の多さは見かけによりません  「御手洗(みたらい)・宇賀神(うがじん)・薬袋(みない)・小比類巻(こひるいまき)」といった苗字は珍しがられますが、各苗字を名のる人は、全国でそれぞれ千人以上います。珍しい苗字というよりローカルな苗字といってよく、それぞれ大分・栃木・山梨・青森県の人には珍しくありません。一方、「堀石・岡場・北塚・永部」といった苗字はどうでしょうか? それぞれ「ほりいし・おかば・きたづか・ながべ」という読み方をし、一見よくありそうに見えます。しかし、この四つの苗字は、どれも全国に50人もいません。

トップページへ
inserted by FC2 system