都道府県の特徴的苗字(名字)一覧
 ここに収めた苗字(名字)は、①各都道府県内に100人以上いる、②その都道府県に最多、③その都道府県の占有率が全国の30%以上、の3条件をすべて満たす苗字(名字)です。したがって各都道府県にどんなに多くても他の所にも多い苗字(名字)は載せていません。

 ある苗字を名のる人が一つの都道府県に全国の30%以上集まっていることは、日ごろ目につく全国に1万人以上いる苗字(名字)ではあまり無いため目立ちませんが、1万人未満の苗字(名字)ではそれが普通になります。日本の苗字(名字)の大半はローカルな苗字(名字)だといってもいいでしょう。特定の苗字(名字)がどこに多いかは
本表でお調べ下さい。各ページに記した読み方は最多の市町村での一般的な読み方です。

(右の図の説明)最多の苗字(名字)が何かで都道府県を色分けしたもの。緑が「佐藤」、黄色が「鈴木」、赤が「田中」、青が「山本」、白がその他。その他の内訳は群馬と愛媛が「高橋」、佐賀と長崎が「山口」、以下、青森「工藤」、山梨「渡辺」、長野「小林」、岐阜「加藤」、三重「伊藤」、香川「大西」、宮崎「黒木」、鹿児島「中村」、沖縄「比嘉」。
北海道  青森  岩手  宮城  秋田  山形  福島
茨城  栃木  群馬  埼玉  千葉  東京  神奈川
新潟  富山  石川  福井  山梨  長野  岐阜  静岡  愛知
三重  滋賀  京都  大阪  兵庫  奈良  和歌山
鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 
大分 宮崎 鹿児島 沖縄


実在苗字の五十音順通覧へ    トップページへ戻る


inserted by FC2 system